I TOP I sitepolicyI sitemap I information I
横浜市金沢区 京浜急行本線 京急富岡駅 とみおか駅前歯科 MI&インプラントセンター
HOME > 処置治療 > メニュー > ファイバーコア修復

特長W643.jpg

処置治療方法ごあんないタイトル643.png

ファイバーコア+オールセラミック修復(クラウン)

ファイバーコア+オールセラミック修復(クラウン)

ファイバーコア.png根管治療後の歯冠修復の際に、歯根部分とクラウン[冠]部分を”つなぐパーツ”を作る必要があります。そのパーツをコア[土台]といいます。
コア[土台]は金属で作られることが通例でしたが、近年、グラスファイバー線維と樹脂で作製する医療技術が開発されました。それをファイバーコアといいます。ファイバーコアの上からオールセラミッククラウンというセラミックのみでできた被せ物を装着することで金属を一切使用しない修復が可能になりました。



歯根破折コア[土台]はもともと硬い金属で作られてきました。(=メタルコア)
しかし金属は歯質の物性と比較してなにぶんにも「強過ぎ」るので、メタルコアは歯根破折を起こしやすいという大きな欠点を抱えていました。右図は悪名高いメタルコアの「くさび効果」による深部歯根破折の模式図



ファイバーコア ポスト システムファイバーコアは歯根部の歯質(=象牙質)に近い物性を示し、”強過ぎず弱過ぎず”の強度(弾性係数)を有します。
また、接着技術の併用によりファイバーコアと歯質の一体化を図る治療が可能となり、特に深部歯根破折(←歯にとって致命傷で抜歯となる)のリスクを著しく軽減できるようになりました。



OPCとOPC-3Gかつて「セラミック冠」といえば「七宝焼き」のように金属冠の表面にセラミックを焼き付けたもの(=メタルボンドクラウン)でした。
近年、金属を一切使用しないセラミック冠「オールセラミッククラウン」が開発されました。右写真は世界的評価の高い米ペントロン社・オールセラミックシステム「OPC」「OPC3G」



オールセラミックは歯冠部の歯質(=エナメル質)と近似した物性を有し、この材料を用いることで色調・形態のみならず物理的性質においても極めて自然な修復治療を実現できるようになりました。
接着技術の併用によりオールセラミッククラウンとファイバーコア及び歯質の一体化を図る治療が可能となり、より自然でより残存歯質にやさしい治療が実現できるようになりました。

▲ ページトップへ

(健康保険診療)メタルコア+メタルクラウン修復

(健康保険診療)メタルコア+メタルクラウン修復

メタルコア歯根部分とクラウン[冠]部分をつなぐパーツ「コア」[土台]は、健康保険診療の場合、
(1)金属で作られる(=メタルコア)
(2)ネジのような形をしたスクリューピンという金属製の部材を歯根歯質にねじ込み、その周囲をプラスチックで固める(=スクリューピン付レジンコア)
の二者択一となります。
また、健康保険診療ではクラウン[冠]は、原則「金属冠」に限定されています。(前歯の保険治療の際に用いられる「前装冠」は、「金属冠」の前面にプラスチックを張り付けたもので、基本構造は「金属冠」です。)


歯根破折「金属冠 + メタルコア」、「金属冠 + スクリューピン付レジンコア」は共に硬く強すぎる金属が脆弱な歯根歯質に対し所謂「差し歯」の形態で「突き刺さる」様式をとるため、後年、歯根破折を起こし易いという大きな欠点を抱えています。
そもそも生体には存在しない強靭な金属を多用する健康保険診療の修復治療後は、金属修復物自体が噛み合わせのストレスを殆ど吸収しないため、その「しわ寄せ」は脆弱な歯根歯質に集中してしまいます。金属の「頑丈・長持ち」という性質がかえって歯根歯質の「破折」を引き起こし、歯の寿命を縮めることになるのです。

症例写真タイトルW317.jpg保険外診療費用タイトル320-49.png